神経内科

  • 診療時間/医師
  • センター

受付時間/診察時間/担当医

受付時間
午前8時〜午前10時30分(月曜日のみ)
午前8時〜正午(火曜日〜土曜日)
診察時間
午前9時〜正午
午後2時30分〜午後5時(木曜日のみ)

※竹島副院長外来は、混雑時早めに受付を終了させていただくことがあります。

第3診察室

 

<頭痛外来>
午前
竹島

午後
杉山

柏谷

<パーキンソン病
専門外来>
竹島

<パーキンソン病
専門外来>
菊井

<頭痛外来>
第1.3土曜 菊井
第2.4土曜 竹島

第6診察室

 

       

第2土曜のみ
午後1時-4時
<末梢神経
疾患>
山川

<神経内科
全般>
第4土曜のみ
杉山

第7診察室

9時-12時
第1月曜
山川
第3.5月曜
柏谷
第2.4月曜
石崎

9時-午後2時
團野
午後3時30分-
山川
  <頭痛外来>
13時-17時
菊井

宮原

 
医師の詳しい紹介はこちらへ

診療内容変更のお知らせ

急遽変更する場合がございますのでご了承ください

特 徴

神経内科は脳や脊髄、神経、筋肉の病気をみる内科です。神経内科で取り扱う病気の症状には、頭痛やめまい、手足のしびれや、うまく力がはいらない、歩きにくい、物が二重に見える、しゃべりにくい、ふらつく、ひきつけ、むせる、手足や体が勝手に動く、ものわすれ、意識障害などがあります。神経内科では、まず患者様のおはなしを詳しく聴かせていただき、神経学的診察により、脳や脊髄、神経の異常の有無と部位を判断します。神経学的診察では脳神経、運動機能、感覚機能などを、チェックします。
診察の結果、必要があれば、脳MRI、脳CT、血管撮影、脳血流検査、脳波検査などを用いて高度な診断を行い、病状に応じて、適切な投薬治療や生活指導を行います。

主な対象疾患

慢性頭痛(一次性頭痛):片頭痛、緊張型頭痛、群発頭痛は、脳MRIなどでは異常がみられないのに、つらい頭痛を繰り返す病気です。治療法が進歩して、トリプタンや予防治療薬で治療できます。

パ−キンソン病と類縁疾患:手や足のふるえ(振戦)、動作が鈍い(動作緩慢)、体がこわばる(筋強剛)、体のバランスが悪い(姿勢反射障害)が4大症状です。中年以降に発症して徐々に症状が進行します。レボドパ(L-DOPA)やドパミン作動薬などのお薬で治療します。また、パーキンソン病に似た病気で、レビー小体病、線条体黒質変性症、進行性核上性麻痺、皮質基底核変性症といった病気もあります。

脊髄小脳変性症:運動失調(運動がスムーズに行えない症状)が主な症状の神経難病です。文字がうまく書けない、手足がうまく使えない、しゃべりにくい、酔っ払ったような歩きかたになる、フラフラするなどの症状があります。セレジスト、ヒルトニンなどで治療を行います。

脳血管障害:脳出血、脳梗塞、クモ膜下出血など脳の血管の病気の診断と治療を脳神経外科と連携して行います。

末梢神経障害(ニューロパチー):糖尿病やビタミン不足、炎症などにより末梢神経が障害されると、四肢のしびれや運動障害がおこります。急性炎症性脱髄性多発神経炎(ギラン・バレー症候群)、慢性炎症性脱髄性多発神経炎、糖尿病性ニューロパチー、ビタミン欠乏ニューロパチー(脚気)など様々なタイプがあります。

この他神経内科で取り扱う疾患には、てんかん、髄膜炎、脳炎、多発性硬化症、アルツハイマー病、老年認知症、運動ニューロン疾患、ハンチントン舞踏病、HTLV-1関連脊髄炎、亜急性脊髄連合変性症、重症筋無力症、多発筋炎、筋ジストロフィー、ミオパチー、ミトコンドリア病、神経ベーチェット病、顔面けいれん、ジストニア、リウマチ性多発筋痛症など多数あります。

聴神経腫瘍 富永紳介ホームページ

有料老人ホーム エルカーサ富永

通所リハビリ

リハビリテーション課募集要項

診療科紹介

  • 脳神経外科
  • 神経内科
  • 循環器科
  • 整形外科
  • 内科
  • 形成外科
  • 心臓血管外科
  • 放射線科
  • 麻酔科
  • 医師紹介
  • 部門紹介
  • ガンマナイフセンター
  • 富永クリニック
  • 手術ライブ公開
  • 病院情報の公表

問診票ダウンロード

事前にご記入の上、
お持ち頂くと受付がスムーズです。

  • 問診票
  • 頭痛用問診票
全てPDFファイルです。
PDFファイルをご覧になるには、
Adobe Reader(無料)が必要です。

社会医療法人寿会
富永病院

〒556‐0017
大阪市浪速区湊町1-4-48
TEL:06-6568-1601

交通アクセス