長谷川 洋 副院長

私は脳腫瘍の研究を主にしてまいりましたので、基本的には脳腫瘍の手術を得意としておりますが、当院の疾患数の多さから脳動脈瘤その他血管障害の手術も多数手がけております。 前任の大阪厚生年金病院時代より40年あまりの豊富な臨床経験を基に、あらゆる脳外科に関するセカンドオピニオンをお引き受けします。基本的には各疾患治療ガイドラインに沿ったお話をしますが、個々の事情を考慮したお話もしますのでご来院ください。

略 歴

昭和46年3月

大阪大学 医学部 卒業

47年3月

横須賀米国海軍病院にてインタ−ン終了

48年6月

米国ミネソタ大学病院にて外科臨床研修終了

51年10月より2年間米国スロ−ンケタリング記念癌センタ−にて脳腫瘍の
化学療法について研究

54年1月

大阪大学医学部脳神経外科助手に採用される

8月

日本脳神経外科学会 専門医および評議委員となる

9月

大阪厚生年金病院勤務

59年7月

転移性脳腫瘍の研究にて医学博士号を取得

平成3年4月

大阪大学医学部非常勤講師となる

4年4月

大阪厚生年金病院脳卒中外科担当部長となる

6年4月

大阪厚生年金病院 脳神経外科部長となる

10年7月

大阪大学医学部 臨床助教授兼任

14年4月

  同      臨床教授に昇格

15年6月

大阪厚生年金病院 退職

7月

富永病院 脳神経外科 主任部長兼副院長となる

17年6月

日本脳卒中学会専門医となる

6月

日本脊髄外科学会専門医となる

業績目録

A 腫瘍

1.
Chemotherapy of experimental metastatic brain tumors in female Wistar rats.
Cancer Research 39:2691-2697, 1979
2.
Enhamcement of CNS penetration of methotrexate by hyperosmolar intracarotid mannitol or carcinomatous meningitis.
Neurology 29:1280-1286,1979
3.
Effect of 1-(4-amino-2-methyl-5-pyrimidinyl-3- (2-cholorethyl-3-nito- rosouea hydrochloride on experimental brain tumors.
Cancer Research 39:2687-2690, 1979
4.
Changes of the blood-brain barrier in experimental metastatic brain tumors.
J Neurosurg 59:304-310, 1983
5.
Neuroepithelial cyst of the cerebellar vermis.
Surgical Neurol 6:181-184, 1976
6.
Intracranial epidermoid mimicking meningioma.
Surgical Neurol 15:372-374, 1981
7.
Mixed cavernous angioma and glioma(angioglioma) in the hypothalamus.
Neurol Med Chir 35:238-242, 1995
8.
Studies on a factor responsible for hyperostoses associated with meningioma.
Kouseinenin Hospital Bulletin 12:105-108, 1985
9.
Catecholamine-secreting malignant schwannoma in a patient with multiple intracranial aneurysms.J Neurosurg 60:1089-1094, 1984
10.
Malignant scalp tumors in the young Neurol Med Chir 28:74-77, 1988
11.
Primary intracranial choriocarcinoma in the pineal region.
Med J Osak Univ 25:63-71, 1974
12.
転移性脳腫瘍の血脳関門と化学療法に関する実験的研究(学位論文)
大阪大学医学雑誌 34:275-288, 1984
13.
ニトロソウレア系薬剤の抗腫瘍効果に関する実験的研究
脳と神経 29:891-898、1977
14.
発症時CTに現れなかった悪性リンパ腫の3例
CT 研究 12:311-314、1990
15.
多発性硬膜病巣で診断されたErdheim-Chester病
Neuro-Oncologyの進歩 15:1-5、2006

B 血管

1.
Bilateral vertebral arteriovenous fistulas and atlantoaxial dislocation associated with neruofibromatosis.
Neurol Med Chir 29:55-59, 1989
2.
Closure of carotid-cavernous fistulae by use of a fibrin adhesive system.
Surg Neurol 24:23-26, 1985
3.
中大脳動脈閉塞を合併した脳動静脈奇形の1例
脳卒中 11:539-543, 1989
4.
脳動静脈瘻の2例 小児脳神経 14:427-432, 1989

C 外傷

1.
皮質動脈断裂による硬膜下血腫軽微な頭部外傷による急性、 亜急性硬膜下血腫の発生について脳外 10:839-846, 1982
2.
自然発生した頭蓋内硬膜外血腫の1例  Neurol Med Chir 23:968-971, 1983

D 脊髄

1.
嚥下困難をきたしたForestier病の1例
脳外 12:1379-1383, 1984
2.
腰椎突刺後に発生した脊髄硬膜下血腫の1例 Neurol Med Chir 25:687-690, 1985
3.
脊髄内嚢虫症の1例   脊髄脊椎ジャーナル 4:337-341, 1991
4.
脊髄係留症候を伴った重複脊髄の1例 小児脳神経 19:361-365, 1994
5.
Retro-odontoid massive calcium pyrophosphate crystal deposition Neurol Med Chir 40:387-390, 2000.

E 手術・合併症

1.
大後頭孔前半部腫瘍の摘出術
Lateral approachの経験 脳外 16:1517-1530, 1988
2.
当科における離脱式バルーンカテーテルの使用経験
厚生年金年報 14:107-114, 1987
3.
側頭筋膜および、筋弁の作り方の工夫
脳外科速報 4:193-195、1994
4.
開頭術後に合併したtension pneumocephalusの3例
Neurol Med Chir 23:891-895, 1983
5.
錐体骨斜台部髄膜腫に対する新しい手術法
Transpetrosal anterosigmoidal combined supra-infratentorial Approach.
厚生年金病院年報 19:67-74, 1992

F その他

1.
頭蓋骨に発生したidiopathic massive osteolysisの1例 脳外  17:481-484, 1989
2.
側頭部腫瘍と鑑別が困難であった急性再発性散在性脳脊髄炎の1例
脳外 22:185-188, 1994
3.
Nontraumatic intradiploic arachnoid cysts
Neurol Med Chir 32:887-890, 1992
4.
脳橋静脈硬膜静脈洞流入部の組織解剖学的研究
厚生年金病院年報 21:67-71, 1994

A 腫瘍

1.
Primary pineal endodermal sinus tumor with elevated serum and CSF alphafetoprotein levels
J Neurosurg 53:244-248, 1980
2.
Meningeal neoplasm associated with cerebral vascular malformation.
Surg Neurol 27:469-475, 1087
3.
Schwannoma of the skull base with intracranial extension.
Surg Neurol 20:143-146, 1983
4.
A gemistrcytic astrocytoma demonstrated high intensity on MR images.
Neuroradiol 32:166-157, 1990
5.
Immunohistochemical study of metastatic brain tumors with astroprotein(GFAP), a glia-specific protein. J Neurosurg 62:414-418, 1985
6.
Chemotherapy of brain metastases from lung carcinoma: A controlled randomized study. Neurosurg 28:201-205, 1991
7.
A giant intracranial mucocele associated with an orbitoethomoidal osteoma.
J Neurosurg 92:697-701, 2000
8.
Anaplastic oligodendroglioma arising in brain contusion scar.
Arch histopathol 9:52-55, 2002
9.
Gliosarcoma of left temporal lobe.
Arch histopathol 8:70-73, 2001
10.
脳腫瘍と血管機能    臨床科学 22:541-548, 1986
11.
Subependymal giant cell astrocytomaを合併した結節性硬化症の1例
小児臨床 53-1789-1792, 2000
12.
難治性部分発作を呈したgangliogliomaの1例 小児臨床 53:1769-1774, 2000
13.
A giant intracranial mucocele associated with an orbioethmoidal osteoma
J Neurosurg 92:697-701, 2000
14.
Stereotactic radiofrequency ablation for sessile hypothalamic hamartoma with an image fusion technique
Acta Neurochir 145:697-701, 2003

B 血管

1.
Traumatic arteriovenous fistula between the middle meningeal artery and cortical vein.
Surg Neurol 14:355-358, 1980
2.
Angiographycally occult vascular malformations causing intracranial hemorrhages.
Surg Neurol 17:35-42, 1982
3.
Sudden appearance of occipital-vertebral arterial anastomoses during therapeutic embolization. Surg Neurol 24:160-164, 1985
4.
Cryptic vascular malformationを合併し、脳出血で発症した硬膜動静脈奇形の1例。
Neurol Med Chir 24:632-636, 1984
5.
総頚動脈閉塞性病変に対する外科的治療経験 Neurol Med Chir 25:356-361, 1985
6.
脳動静脈奇形に接する脳組織のニューロンおよびグリアの変化
脳卒中の外科 18:287-291, 1990
7.
摘出術後19年目に、大型化して再発が認められた脳動静脈奇形の1症例
脳外 19:75-78, 1991
8.
不随意運動を主症状としたもやもや病の1例 小児臨床 53:1811-1814, 2000

C その他

1.
1Occlusive hydrocephalus associated with cerebellar infarction treated with endoscopic third ventriculostomy
Minimally Invasive Surgery 50:270-272, 2007

ページのトップへ戻る

閉じる