リハビリテーション部

看護部の特徴

≪理念≫
患者さんのニーズにそったよりよいリハビリテーション治療を実施し、
QOL(生活の質)の向上と、未来ある社会復帰を支援します。
当院に救急搬送された脳卒中患者さんの、家族を含めた在宅生活までを支援します。

当院リハビリテーション部では、急性期から回復期においてリハビリテーションを行っています。また退院後も通所リハビリテーション施設にて、介護保険によるサービスを提供しています。急性発症した脳卒中の患者さんは、早ければ発症当日から、脳外科・整形外科など外科手術後のリハビリテーションは術後翌日から開始しています。患者さんの回復状況に合わせて回復期病棟への転床、在宅復帰まで、途切れることなく一貫したリハビリテーションを展開しています。

そのため、リハビリテーション部の職員は脳外科、整形外科、神経内科、循環器内科のみならず、様々な医療・保険・福祉分野の知識が必要とされます。
特に治療を行ううえでの様々なリスクマネージメントや、患者さんの将来を推測したうえでの最良のリハビリテーションの提供と同時に、適切な社会資源の利用のためのアドバイスなども必要に応じて行っています。

そのために、以下のような取り組みを継続して行っています。

教育システムの充実

  • ・新入職員向けに、基本的な知識・治療技術を取得できるようスーパーバイザー制度を採用しています。
  • ・科内各職種勉強会の開催(症例検討会・抄読会・治療技術の習得など)
  • ・病院内外研修会、講習会への積極的な参加の奨励
  • ・各種学会発表の推進
  • ・臨床実習生の受け入れ、養成校への講師の派遣
  • ・職能団体(各士会)内での役員としての活動  など

各部門との協働・協力体制の確立

  • ・理学療法士(PT)・作業療法士(OT)・言語聴覚士(ST)それぞれが専門分野について 患者さんとかかわりながら、同一の目標設定を行い、その目標に向かって治療を行う。
  • ・医師との綿密な意見交換や方針確認など(主治医・リハ医など)
  • ・患者さんの機能改善のため看護部とカンファレンスを実施し、日常生活動作(ADL)・生活の質(QOL)向上への取り組み
  • ・地域医療連携室と協力し、患者さん及び家族の意向を尊重した転院、退院の
    働きかけ 〜適切な時期に適切なところへ〜

院内各委員会への参加

  • ・医療職として専門的知識の拡大
  • ・リハビリテーション専門職から見た各種委員会での存在価値の向上

その他

公的医療・保険・福祉事業への協力、講師派遣などの活動を日常業務の中に組み込んで、事業展開を行っています。

目標

  1. ①常にリハビリテーション専門職(PT・OT・ST)としての専門性の追求と、技術の向上について自己研磨を行う
  2. ②業務を通して、一社会人としての人間性・社会性を向上させる
  3. ③医療行為における経済的な側面の理解と同時に、自己の業務に対する評価を行う
  4. ④リハビリテーション部・病院組織・医療界・社会の中での、自己の存在についての認識と、価値観の評価を行う

これらを通して、最良の治療技術をすべての患者さんに平等に提供できることをリハビリテーションの目標としています。

部門紹介

当院には以下のリハビリテーション専門職が在籍し、リハビリテーションサービスを提供しています。

明るく楽しい療法士たちです。いつも明るく元気よく!がモットーです!

理学療法士 PT Physio Therapist

主として患者さんの基本的な姿勢・動作能力(座る・立つ・歩くなど)の改善を促します。単に患者さんができないことを繰り返して練習するのではなく、その原因を解明して、より効率的な治療を展開しています。そのために、各種理学療法治療技術を駆使し、痛みの緩和や効率的な動作の習得を通じてADLとQOLの向上に寄与していきます。(23名在籍)

理学療法士

理学療法士

作業療法士 OT Occupational Therapist

ADLの自立を目的に治療を展開しています。
身体機能・高次脳機能・ADL遂行能力を分析・治療するとともに、動作(代償方法)指導・環境設定や家族への指導を行うことで、発症後の身体機能に合わせたADL遂行能力の獲得を図ります。(14名在籍)

作業療法士

作業療法士

言語聴覚士 ST Speech Therapist

主に脳血管障害によるコミュニケーション障害の精査・鑑別を行い、その重症度や病態を評価し、全身状態・社会的状況を考慮した治療を行っています。 例えば言葉が出ない、会話にならない、コミュニケーションの手段がない、発音がおかしい等言葉やコミュニケーションに不安を持つ方々やそのご家族に対し、相談・評価・検査・治療・指導等を行っています。また嚥下障害にも積極的に取り組み、誤嚥性肺炎の予防や適切な食形態の食事提供を心がけています。(8名在籍)

言語聴覚士

言語聴覚士

施設紹介

施設基準

脳血管疾患リハビリテーション(T)
運動器リハビリテーション(T)
呼吸器リハビリテーション(T)
回復期病棟入院料(T)を取得しています。

SCU(Stroke Care Unit;脳卒中専用治療室)について

医師、看護師、リハビリテーションスタッフなどからなる脳卒中診療チームが専門病棟で総合的な治療にあたり、患者さんの機能予後の改善を目指しています。
毎朝、カンファレンス、回診を行い、患者さんに関する情報収集・交換を密にとり、方針を早期に検討していきます。
急性期リハビリテーションとしては、看護師、リハビリスタッフでカンファレンスを行い、早期離床の実現と二次的合併症の予防を図り、円滑なADL向上へつなげる取り組みをしています。

HCU(High Care Unit)について

主に脳外科の術後の集中治療を行います。SCU同様に、医師、看護師、リハビリテーションスタッフなどによる診療チームが総合的な治療にあたり、患者さんの機能予後の改善を目指しています。またカンファレンス、回診や看護師との協力体制もSCU同様であり、早期離床ADL向上に向けて取り組んでいます。

回復期リハビリテーション病棟について

回復期病棟では、リハビリテーションスタッフだけではなく、看護師や看護助手も一丸となって、患者さんのADLとQOLの向上に寄与できるように以下のような取り組みを行っています。

  • ・リハビリテーションスタッフ、看護師、看護助手による合同カンファレンスを行い、共通した目標設定をし、患者様の自立度を向上させる取り組み
  • ・病棟スタッフ(看護師、看護助手)との勉強会の開催
  • ・家庭的な雰囲気を感じるための、デイルームでの食事
  • ・寝たきりを防止し、トイレでの排泄を促進
  • ・節分・七夕・盆踊り・クリスマス会などのレクリエーション行事の開催
  • ・買い物外出、調理実習など具体的な家事や日常生活動作の練習
  • ・退院前に自宅へ訪問し、手すりの位置や必要な福祉機器などを決める『退院時訪問指導』の実施
  • ・家庭での生活を安全に送るための家族指導の実施
  • ・通所リハビリテーション施設、ケアマネージャーと連携し、退院後の生活支援の実施

通所リハビリテーションについて

介護保険の被保険者が対象となります。ご家庭で療養生活をされている方を対象に個別のケアプランに合わせてリハビリテーションを行います。

詳細はこちらをご覧ください。

聴神経腫瘍 富永紳介ホームページ

有料老人ホーム エルカーサ富永

通所リハビリ

リハビリテーション課募集要項

部門紹介

  1. 放射線部
  2. 看護部
  3. リハビリテーション部
  4. 栄養部
  5. 地域連携室
  6. 臨床工学科
  7. 臨床検査科
  • 医師紹介
  • 部門紹介
  • ガンマナイフセンター
  • 富永クリニック
  • 手術ライブ公開
  • 病院情報の公表

問診票ダウンロード

事前にご記入の上、
お持ち頂くと受付がスムーズです。

  • 問診票
  • 頭痛用問診票
全てPDFファイルです。
PDFファイルをご覧になるには、
Adobe Reader(無料)が必要です。

社会医療法人寿会
富永病院

〒556‐0017
大阪市浪速区湊町1-4-48
TEL:06-6568-1601

交通アクセス